NumberEYESBACK NUMBER

相次ぐ誤審で露呈した、
現行システムの限界。
~ランパード“幻のゴール”の理由~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/09 06:00

相次ぐ誤審で露呈した、現行システムの限界。~ランパード“幻のゴール”の理由~<Number Web> photograph by Getty Images

ランパードのシュートは明らかにゴールを割っていた

 W杯という舞台では、ときに「誤審」が、語り継がれるドラマを生む。1966年W杯決勝の“ウェンブリー・ゴール”しかり、'86年のマラドーナの“神の手”しかり。今でも真相をめぐり、問題のシーンが繰り返し流されている。

 しかし、誤審がこれほど立て続けに起こると、さすがに問題視せざるをえないだろう。今回のW杯で審判の判定ミスがあまりにも多いことを受け、名将フース・ヒディンクはこう訴えた。

「近年、いたるところで誤審を目にするようになった。すぐにでもビデオ判定や、ボール内にチップを埋め込む技術を導入すべきだ。私はプラティニ、ベッケンバウアー、クライフたちに呼びかけていきたい」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1008文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯激闘録日本代表、ベスト16の真実。

Sports Graphic Number 2010/7/14臨時増刊

南アフリカW杯激闘録
日本代表、ベスト16の真実。

 

南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ