WBC 侍ジャパンの道BACK NUMBER

「4番は慎之助。動かすことはない」
ついに実を結んだ山本監督の“我慢”。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2013/03/13 11:45

「4番は慎之助。動かすことはない」ついに実を結んだ山本監督の“我慢”。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

山本監督とは北京五輪で共に戦い、メダル無しで帰国したという苦い思い出を共有している阿部。監督は大会前から「打たなくても、(チーム全体で)慎之助をフォローしていく形は取れる」と心中を明言していた。

「浩二さんを絶対、男にしたい!」

「おそらくこれで大丈夫だと思います」

 こう太鼓判を押したのは、打線をあずかる立浪和義打撃コーチだった。

「1本目も良かったけど、特に2本目。おそらく狙っていたボールではないと思うし、あれだけ崩されていたにもかかわらず、粘って残ってボールを拾えている。本来の彼(阿部)のバッティングが戻ってきたと思います」

 4番は確かに戻ってきたのである。

 1番から鳥谷、井端、内川、阿部、糸井、坂本、稲葉、中田(または長野)、松田と並ぶ打線。これがおそらくサンフランシスコでの準決勝、決勝へと臨む侍打線の最終型となるはずである。最後の最後に「4番」という真ん中の点が打ち込まれて、侍ジャパンの攻撃陣は点が線につながった。

「向こうに行ったら相手は凄い選手が揃ってパワーもあると思う。でも悔いが残らないようにやるだけです。とにかく一丸となって優勝を目指す」

 主将として、4番として、捕手として、阿部は決勝ラウンドにかける意気込みをこう語った。

 そしてもう一つ、阿部には1人の選手としてやらねばならないことがある。

「浩二さんを絶対、男にしたい!」

 その思いもまた、阿部を動かす大きなエネルギーなのである。

関連記事

BACK 1 2 3
内川聖一
井端弘和
稲葉篤紀
坂本勇人
鳥谷敬
糸井嘉男
阿部慎之助
山本浩二
立浪和義

プロ野球の前後の記事

ページトップ