SCORE CARDBACK NUMBER

米女子ツアーの頂上へ。
宮里美香が歩んできた道。
~初勝利から次のステップへ~ 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph bypushnik photography LLC

posted2013/02/21 06:00

米女子ツアーの頂上へ。宮里美香が歩んできた道。~初勝利から次のステップへ~<Number Web> photograph by pushnik photography LLC

昨季は20試合の出場で、優勝を含むトップ10入り9回、予選落ちは3回と安定していた。

 道なき道を歩くことを、あえて選ぶ人間は決して多くはないけれど、日本の女子プロゴルファーの中で宮里美香はその草分けとなった。

 '04年日本女子アマを史上最年少の14歳で制し、'06年世界ジュニアも制した美香は、ハワイ滞在中のある日、米男子ツアーのソニーオープンを観戦し、世界一のツアーに馴染んでいた今田竜二に憧れた。彼女はすぐさま今田を自分が歩むべき道の道標に据えた。

 次なる道標となったのは台湾のヤニ・ツェンだった。“ジュニア時代からのライバルが米ツアーで活躍しているのだから私だって”。高校卒業後、日本ツアーを経ず、アマ資格のまま何の保証も後ろ盾もないまま渡米。半年後にはQスクール(予選会)を12位で突破し、プロ転向。デビュー戦の'09年SBSオープンで美香は言った。「アニカ・ソレンスタムのように安定感のある、プレッシャーに負けない選手になりたい」

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

宮里美香
今田竜二
ヤニ・ツェン
アニカ・ソレンスタム

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ