Number on NumberBACK NUMBER

超スター軍団の迷走。
~レイカーズが不振を極める理由~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byNBAE/Getty Images

posted2013/02/20 06:00

超スター軍団の迷走。~レイカーズが不振を極める理由~<Number Web> photograph by NBAE/Getty Images

左から、コービー・ブライアント、ドワイト・ハワード、スティーブ・ナッシュ。NBA屈指のスターを集め、チーム総年俸でもNBAトップのレイカーズは前半戦を終えて10位。プレーオフ圏内である8位に滑り込むことはできるのか。

 年俸の高いスター選手が集まっても勝てないことがある。それはどのようなチームスポーツでも言えることだが、比較的、そういうことが少ないのは、バスケットボールではないだろうか。1チーム5人でやる競技だから、1人のスター選手がチームに貢献する割合が高い。

 近年のNBA優勝チームを見ると、移籍によって高年俸の大スターが2、3人そろったチームが多い。

 マイケル・ジョーダン、スコッティ・ピッペン、デニス・ロッドマンのいた'90年代後半のブルズ、'00年から3連覇を達成したレイカーズ(コービー・ブライアント、シャキール・オニール)、'08年のセルティクス(ポール・ピアース、ケビン・ガーネット、レイ・アレン)、そして昨年のヒート(レブロン・ジェームズ、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュ)。いずれも、主力が全員生え抜きというチームではない。大金でスターを集めるといっても、NBAにはサラリー・キャップ制度があるため、さまざまな例外条項を活用しても1チーム2、3人が限度になる。その2、3人をFAやトレードで、獲得できたチームが優位に立つ。これが現実だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1938文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

美しき日本のフィギュア。~Figure Skating 2013~
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ