Number Do ExBACK NUMBER

『BORN TO RUN』の“走る民”を救え!
募金を求めて山手線一周ラン体験記。 

text by

松山貴史

松山貴史Takashi Matsuyama

PROFILE

photograph byMiki Fukano

posted2013/02/16 08:00

『BORN TO RUN』の“走る民”を救え!募金を求めて山手線一周ラン体験記。<Number Web> photograph by Miki Fukano

節分にちなみ、鬼の扮装で山手線沿いをひた走る松山貴史くん(大学4年生)。胸にかかる襷には、「タラウマラのために 豆を下さい」の文字。

山手線を走るという小さな行動が予想以上の募金額に。

 恵比寿ではものすごい美女を連れたお兄さんから高額ドネーションをいただき、渋谷ではハチ公前で就職活動中の学生から募金をいただく。もう少しだ、という思いは強くなるが、さすがにこの辺りまで来ると、募金箱は凄まじく重くなっていて、ヘトヘトである。鬼編集者Wさんは「じゃらじゃらうるさい、もっと静かに走れるだろ」と、まさに鬼のようなことを言ってくる。やれやれ。

 この“重い”は募金をして下さった方々の“思い”なんだと解釈しようと思ったが、どう思いを巡らせても走りにくい。しかし、募金箱の中身は凄い額になっているはずだ。開封が楽しみである。原宿を過ぎるともう新宿は目と鼻の先。走り親しんだ明治通りを駆け抜け、一路ゴールへ。7時間弱かけて新宿駅東口交番に戻ってきた。

 さすがに疲れた。山手線一周ランといえども、ふんわりと山手線沿線を回るつもりだったが、リアリティーを求めるNumber編集部は全駅の通過を強要。結局約40km走ったことになった。

 だが、最終的な募金額は2万3729円と、予想以上に多くの方々に寄付をしていただけた。山手線を走るという小さなアクションが、ここまで大きなかたちになるとは正直思っていなかった。

 天気のいい日に、子供からお年寄りまで様々な人々と関わり、同じ目的を持った人たちと走ることは、レースなどとはまた違った「走る」楽しさだった。自分は楽しんだだけだったが、これが重要なのである。再びタラウマラの人々に笑顔が戻ることを祈っていさえすれば。

 募金をして下さった方、そして当日一緒に走って下さった方は本当にありがとうございました! これからも走ることを楽しみましょう。

関連記事

BACK 1 2 3 4

陸上の前後の記事

ページトップ