SCORE CARDBACK NUMBER

2013年も主役はこの3頭。
揃い踏みは見られるのか。
~10月の凱旋門賞までお預け!?~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKiichi Yamamoto

posted2013/01/12 08:00

2013年も主役はこの3頭。揃い踏みは見られるのか。~10月の凱旋門賞までお預け!?~<Number Web> photograph by Kiichi Yamamoto

最後方から、圧倒的な持続力のロングスパートを見せ、ゴールドシップが有馬記念を圧勝。

 ジャパンカップが終わった時点で、年度代表馬はジェンティルドンナ(牝4歳、栗東・石坂正厩舎)で決まったものと思っていた。牝馬3冠だけではアピール不足だとしても、怪物オルフェーヴル(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)を力でねじ伏せたジャパンカップの強さが際立っていたからだ。

 1月のシンザン記念勝ちから始まって、重賞を6勝。うちGIが4勝で、最後に強豪牡馬をまとめて負かしたのだから、完璧な年だったのではないか。それでもオルフェーヴルの凱旋門賞2着をそれ以上と評価する記者もいるかもしれないし、JCも不利がなければジェンティルドンナに負けなかったと主張する声も聞こえてくる。しかし競馬は、2着には表彰台も用意されない潔い競技。たった1回の頂上対決に敗れたオルフェーヴルには、代表馬の座は我慢してもらうしかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 602文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

選択の人間学。~僕はこんな道を選んできた~

関連記事

ジェンティルドンナ
オルフェーヴル
ゴールドシップ

競馬の前後の記事

ページトップ