NumberEYESBACK NUMBER

熱狂的空気を演出する、
老舗スタジアムの底力。
~南アでのサッカー観戦の醍醐味~ 

text by

浅田真樹

浅田真樹Masaki Asada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/06/28 10:30

熱狂的空気を演出する、老舗スタジアムの底力。~南アでのサッカー観戦の醍醐味~<Number Web> photograph by Getty Images

セルビア-ガーナ戦が行なわれたロフタス・バースフェルド。

 今回のワールドカップで使用されている10会場のうち、半数のスタジアムが新設だ。

 開幕戦が行なわれたメイン会場のサッカーシティ(ヨハネスブルク)にしても、全面改修という名の“ほぼ新設”。スタンドの一部を除き、そのほとんどが新しく建てられた。

 昨年、コンフェデレーションズカップの取材時に、まだ工事中だったスタジアム内部を取材させてもらっていただけに、こうして無事(?)に開幕を迎えられたことは、それなりに感慨深いものがある。

 新しいスタジアムは、さすがに快適だ。南アフリカは、ラグビーも盛んなお国柄。球技観戦に通じているためか、9万人近くを収容する巨大スタジアムでありながら、最上部からでもピッチが見やすい。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1032文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

決戦、日本代表。6.24 vs.デンマーク 

Sports Graphic Number 2010/6/29臨時増刊

決戦、日本代表。
6.24 vs.デンマーク 

 

南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ