野球善哉BACK NUMBER

阪神で「19」を背負う意味とは?
育成で再出発の元ドラ1・蕭一傑。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/12/06 11:10

阪神で「19」を背負う意味とは?育成で再出発の元ドラ1・蕭一傑。<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年8月の対広島戦で先発した蕭一傑。プロ入りして一軍に上がり2度目となる登板だったが、3回1/3を投げ3失点で降板している。

 今シーズン5位に低迷した阪神の新人選手入団発表会が12月3日に行われた。

 春夏の甲子園を連覇し1位指名で入団する藤浪晋太郎が、縦縞のユニフォームに袖を通すシーンがあった。「実感がわいてきました」とコメントして、真新しいユニフォームを身に纏った新人選手の晴れ渡った笑顔には、初々しさと溢れるような希望を感じた。

 だが同時に、喜ばしいニュースの裏にあるひとつの事実にも思いを巡らせていた。数年前まで同じ背番号を背負いながら、無念の想いでチームを去っていった選手のことが頭をよぎったのだ。

 藤浪が付けた背番号「19」。

 この背番号をつい最近まで身に付けていたのが、蕭一傑である。

ドラフトが近づいていた10月2日、非情にも告げられた戦力外。

 '08年のドラフト1位で阪神に入団した蕭一傑は、中学卒業後に母国の台湾を離れ、日本の高校・大学へ野球を学びに来た。日南学園高時代には甲子園、奈良産業大時代には大学選手権に、それぞれ2度ずつ出場。その実績を引っ提げて、日本プロ球界入りを果たしていた。

 しかし、今年のドラフトを目前にした10月2日、蕭には戦力外が通告された。

「練習が休みだった日に、ファームディレクターから電話があって呼び出されたんです。『明日来てほしい』、と。その日は練習に行こうと思っていたので、練習はどうすればいいんですか? って聞いたほどで。どんな事態が待ってるのか分かっていませんでした。『練習には行かなくていい』と言われ……最初はトレードの話かと思ったんですけど、後輩の横山(龍之介)から電話がかかってきて、同じ内容だったので戦力外通告だとわかりました」

 翌日、呼び出された場所へ赴くと、GMに就任した中村勝広氏をはじめ、球団本部長らが席に着いており、「来季の契約を結ばない」と通達された。「ドラフト1位の役割を果たせていない」というのが、蕭が受け取った戦力外の公式の理由だった。

4年目の今年が過去最悪の調子になってしまって……。

 球団の決定は致し方ないだろう。

 蕭は4年間で一軍での登板は2試合のみ。ファームで最多勝を挙げた入団1年目に、一軍に上がっていればという声もあるが、勝利が至上命題の阪神のチーム事情ではそういうわけにはいかなかった。2年目にはキャンプ中に故障して離脱。3年目に、ようやく一軍マウンドを経験したが、結果を残すことはできなかった。

 今年はこの4年間では最も調子が悪く、上から声が掛からなかっただけでなく、先発と抑えを併用される中で、ファームでも結果が出ていなかった。蕭自身も、そのことは自覚していたのだが……。

【次ページ】 「戦力外を言われた時は、何も言い返せなかった」

1 2 3 4 NEXT
藤浪晋太郎
阪神タイガース
蕭一傑
中村勝広
福岡ソフトバンクホークス
池之上格

プロ野球の前後のコラム

ページトップ