Number PLUS SpecialBACK NUMBER

<拳の記憶> 長谷川穂積vs.ウィラポン&F・モンティエル 「誇り高き勝利と敗北」 

text by

城島充

城島充Mitsuru Jojima

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/12/05 06:01

<拳の記憶> 長谷川穂積vs.ウィラポン&F・モンティエル 「誇り高き勝利と敗北」<Number Web> photograph by AFLO
迫り来る不安と対峙したウィラポンとの再戦。
超ハイレベルな攻防を演じたモンティエル戦。
自身が「勲章」と位置付ける2戦の真価に迫った。

好評発売中のNumber PLUS「拳の記憶II~ボクシング不滅の名勝負~」では、日本が誇るチャンピオン7人が激闘を振り返った
「7人のサムライと『魂の一戦』」を掲載。
今回、その中から、長谷川穂積の記事を特別に公開します。

「もっともっと、俺を追い込んでください」

 長谷川穂積がそう声を絞り出したとき、トレーナーの山下正人は愛弟子の真意をつかみかねた。難攻不落と言われたウィラポン・ナコンルアンプロモーションを判定で下し、WBCバンタム級のベルトを巻いてから11カ月。初防衛戦をクリアし、ウィラポンとの再戦を目前に控えたときのことだ。

「世界を獲るまでも、獲ってからも、めちゃくちゃきついメニューを長谷川はこなしてきました。このときもふらふらになるまで体をいじめてるのに、何回もそう言うてくるから驚きました」

 結果、ジムワークは熾烈を極めた。後に長谷川は〈集中力や緊張感、充実感を持って納得のいく練習が出来たという意味では、ウィラポンとの再戦が一番だったと思う〉と、自著『意志道拓』のなかで振り返っているが、なぜ、あのとき自らを極限まで追い込むことを望んだのか。

 10度連続防衛、2階級制覇という勲章をその後のキャリアに刻み、現在はWBC世界フェザー級2位にランクされる男は「めちゃくちゃ不安やったからです」と、当時の心境を振り返った。

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6345文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ボクシングの前後のコラム

ページトップ