SCORE CARDBACK NUMBER

リオ五輪プロ参戦で進む、
アマチュア界の大変革。
~独自のプロボクシング組織設立~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKaoru Watanabe/JMPA

posted2012/12/03 06:00

リオ五輪プロ参戦で進む、アマチュア界の大変革。~独自のプロボクシング組織設立~<Number Web> photograph by Kaoru Watanabe/JMPA

ロンドン五輪で金メダルを獲得した村田諒太はプロに転向しなかったが、その今後に注目が集まる。

  リオデジャネイロ五輪から、ボクシングにもプロの参加が認められる。これ自体は驚くまでもないが、アマチュアの国際ボクシング協会(AIBA)が独自のプロ組織「APB」を設立し、既存のプロとは一線を画した活動を始めるという動きには、当惑させられる関係者も少なくあるまい。

  AIBAが指名するアマのエリート選手に対し、契約金、サラリー、試合報酬等を支払い、しかも五輪出場資格は失われない――というのである。すでに「ワールドシリーズ・オブ・ボクシング」の名でプロの団体戦を立ち上げているが、本格的に個人戦も始めようというわけだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

村田諒太
清水聡
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

ボクシングの前後のコラム

ページトップ