フットサル日本代表PRESSBACK NUMBER

フットサル界に飛び込んだカズが、
限られた時間の中で成し遂げたこと。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS/AFLO

posted2012/11/13 11:45

フットサル界に飛び込んだカズが、限られた時間の中で成し遂げたこと。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS/AFLO

カズのW杯での全プレー時間は約29分間。大会終了後には、「右ストレートの打ち方やパンチのよけ方を教わっているうちに、いきなり世界戦のリングに立ったようなもの」と自らのW杯挑戦を説明した。

大会の最後にサポーターへ向けて深々と頭を下げたカズ。

 だが、そんな辛い体験もまた、カズにはあらかじめ分かっていたのかもしれない。

「素晴らしい経験ができました」というひと言は、フットサル界の前進に貢献できたささやかな安堵感と、湧き上がる新たなモチベーションの表われだっただろう。

 試合後の取材対応を終えたカズを、日本のサポーターが待ちかまえていた。21時を過ぎて暗闇に包まれたバンコクの夜に、ときならぬ歓声が上がる。

 カズは右手を上げて応え、チームバスの入り口の前で立ち止まった。サポーターに正対し、深々と頭を下げる。

 数秒ののちに見せた表情には、カズらしい笑顔がこぼれていた。フットサル日本代表のチームメイトを勇気づけてきた、周囲を包み込む笑みがあった。

関連記事

BACK 1 2 3
三浦知良
ミゲル・ロドリゴ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ