SCORE CARDBACK NUMBER

興南を中心に強豪が揃う、
沖縄勢の躍進の理由とは。
~夏の甲子園行き、本命はどこだ!?~ 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/19 07:58

興南を中心に強豪が揃う、沖縄勢の躍進の理由とは。~夏の甲子園行き、本命はどこだ!?~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

興南の島袋はトルネード投法から最速145キロの直球と精度の高い変化球を巧みに操る。

 高校球界の勢力図は今、沖縄を中心としたものに塗り替えられつつある。今春の選抜優勝校が興南、'08年は選抜が沖縄尚学の優勝、夏の選手権が浦添商のベスト4と、多くの高校が好成績を収め、過去10年間の成績は26勝15敗、勝率.634。これは強豪県である神奈川(.611)、愛知(.585)を上回る数字だ。躍進の原動力は全力疾走とコンパクトなフルスイング、そして毎年のように出現する好投手の存在で、今年の沖縄勢にもそれらのキーワードがあてはまる。

 興南の左腕・島袋洋奨は今年の選抜をほぼ1人で投げ抜き、防御率1.17の好成績を収め、チームを優勝に導いた。準準決勝の帝京戦を完封、準決勝の大垣日大戦を7回0封と、強豪校に力負けしないパワーピッチングが身上で、真縦に落ちるカーブは高校生では攻略が難しいとさえ言われている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、歓喜の咆哮。What a Miracle!

Sports Graphic Number 2010/6/25臨時増刊

日本代表、歓喜の咆哮。
What a Miracle!

 

関連記事

島袋洋奨
興南高校

高校野球の前後の記事

ページトップ