ブンデスリーガ蹴球白書BACK NUMBER

開幕ダッシュはまぐれだったのか?
真価を問われる乾とフランクフルト。 

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph byD.Nakashima/AFLO

posted2012/11/08 10:31

開幕ダッシュはまぐれだったのか?真価を問われる乾とフランクフルト。<Number Web> photograph by D.Nakashima/AFLO

乾は10試合連続の先発出場を果たしたものの、プレーは精彩を欠いて、早い時間での途中交代となった。これで5試合ノーゴールが続く。

「浮かれることはない。なんもしてないですから、まだ」

 フランクフルトが1部に昇格したばかりのチームとして開幕から連勝を続け、自身もゴールを決めていたころとの落差はあまりに大きい。周囲のリアクションは正当なものとは言えないが、チームも乾も注目される存在となったがゆえに、こうした状況に置かれているのは確かだ。

「まぁ(ボーフムに所属していた昨季と比べて)2部と1部がまず、違うし。いまは良い順位にいるのでね、そういう意味では注目度はたぶん違うと思います。でも、浮かれることはないですよね、別に。なんもしてないですから、まだ」

 そう話す乾は、フランクフルトの一員として、自らの存在価値を証明していくのはこれからだと考えている。

 周囲から厳しい目を注がれ、対戦相手からの警戒も増している今こそ、乾の真価が問われているのだ。

関連コラム

BACK 1 2 3
乾貴士
フランクフルト

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ