SCORE CARDBACK NUMBER

好調レッドブルの火種は
チーム内の「人間関係」か。
~“覚醒”ウェバーに焦るベッテル~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/06/11 06:00

好調レッドブルの火種はチーム内の「人間関係」か。~“覚醒”ウェバーに焦るベッテル~<Number Web> photograph by Getty Images

モナコGPで今季2度目のワンツーフィニッシュを決めて喜ぶウェバー(中央)とベッテル。

 ここまでレッドブルは、あらゆるサーキットで群を抜くコーナリングスピードを見せている。モナコGPまでの“開幕6戦連続PP”は、'92年シーズンを席巻した王者ウイリアムズ(N・マンセル&R・パトレーゼ)と同じで、他を寄せつけない俊足パフォーマンスを発揮してきた。2勝を挙げたM・ウェバーと1勝のS・ベッテルがともに78点で肩を並べ、モナコでチーム首位に立った彼らは'10年シーズン中盤戦のニューリーダーに躍り出た。

 戦前に言われていた「トップ4混戦」の構図から抜け出し、フェラーリ、マクラーレン、メルセデスGPをリード。結成5年のインディペンデントチームがメーカー系の名門チームを従えて夏に向かうとは、予想以上の快進撃ぶりである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 600文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、真価を見せろ!

Sports Graphic Number 755・756・757

日本代表、真価を見せろ!

 

関連記事

マーク・ウェバー
セバスチャン・ベッテル
レッドブル

F1の前後の記事

ページトップ