プロ野球亭日乗BACK NUMBER

WBC3連覇に立ちふさがる難題とは?
“強運”山本浩二監督が抱える悩み。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byYusuke Nakanishi/AFLO SPORT

posted2012/10/15 10:30

WBC3連覇に立ちふさがる難題とは?“強運”山本浩二監督が抱える悩み。<Number Web> photograph by Yusuke Nakanishi/AFLO SPORT

紆余曲折の末、第3回WBCの監督に就任した山本浩二。2005年に広島の監督を退任して以来7年間のブランクはあるが、「勝利に向かっていく」と3連覇への意気込みを語った。

メジャーリーガーが参加する見通しは極めて厳しい……。

 選手会の参加ボイコット決議から、代表監督選任の混迷と様々なトラブルが続いたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表が、ようやく正式に動き出した。

 10月10日、都内のホテルでその山本浩二の代表監督就任が正式に発表された。

「大変、名誉なこと。断る理由はなかった」

 就任会見に臨んだ山本監督の言葉だ。

「もちろん重圧もあるし、優勝するのは厳しいものがある。それでも勝利に向かって走っていくのが侍ジャパン。3連覇に向けて心を一つにして戦っていきたい」

 晴れの門出。だが、この就任会見を取材しても不安はなかなか拭えない。それは来年のWBCは日本代表チームにとっては、おそらく過去2大会と比べても、一番、厳しい戦いになるのではないかと思うからだ。

 一番の理由は、これから待ち受けるチーム編成が、どうやら一筋縄ではいきそうにない気配だからである。

「ダルビッシュもそうだし、青木も、黒田も出て欲しい。イチローも活躍しているし、ぜひ来て欲しい。当然、そういうメンバーが中心となる」

 新監督の構想だ。

 ただ、実際問題としては名前を挙げた選手のほとんどが、参加が難しいのが現状だと言わざるを得ないだろう。

WBCか、キャンプか……決断を強いられる米国の日本人選手達。

 2006年の第1回大会。このときの代表チームの選考で最も大きな話題となったのが、当時ニューヨーク・ヤンキースでプレーしていた松井秀喜外野手の動向だった。

 松井は大会前年オフにヤンキースと新たな大型契約を結び、WBCはその新契約1年目のキャンプと重なった。その結果、最終的に松井は「不参加」という決断をし、それに対して批判を浴びたのは記憶に新しい。

 ただ、今はそれぞれの選手があのときの松井と同じような立場にあり、それぞれが苦渋の選択を強いられるのである。

 青木に関しては所属するミルウォーキー・ブルワーズのロン・レネキー監督が「WBCに参加するなというわけではないが」と前置きしながら「春のキャンプをチームと過ごすことはとても大切だ」と語るなど、参加には否定的な考えを示している。

 ロン・ワシントン監督が「国のために戦うのは非常に大事なことだ」と出場を容認するテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有投手にしても、来季はチームのエースに指名された本人が、果たしてチームを離れる決断をできるかという問題を抱える。

【次ページ】 MLBの熾烈な生存競争を考えれば不参加もやむなし!?

BACK 1 2 3 NEXT
山本浩二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ