SCORE CARDBACK NUMBER

活気づく女子テニス。
時代の変動を見逃すな!
~東レ・パンパシの熱戦を振り返る~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/10/18 06:01

活気づく女子テニス。時代の変動を見逃すな!~東レ・パンパシの熱戦を振り返る~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

今大会を制したペトロワに準決勝で敗退したストーサーだが、多くのファンの心を掴んだ。

 '10年全仏で決勝を戦ったサマンサ・ストーサーとフランチェスカ・スキアボーネの再戦が東レ・パンパシフィックで実現した。ストーサーのスピードとスキアボーネの技巧、両者のガッツが噛み合う期待通りの好試合となった。

 セリーナ・ウィリアムズを除くランキング上位選手が顔をそろえたこの大会。全仏決勝の再戦がセンターコートではなく、1番コートで行なわれたことが顔ぶれの豪華さを物語る。この2回戦で全仏の雪辱を果たしたストーサーは、準々決勝でマリア・シャラポワを下した。人気選手のシャラポワが劣勢になると、観客席から悲鳴が起きた。観客が試合に引き込まれているのがよく分かった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 608文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

サマンサ・ストーサー
フランチェスカ・スキアボーネ
ナディア・ペトロワ
ビクトリア・アザレンカ
マリア・シャラポワ

テニスの前後の記事

ページトップ