SCORE CARDBACK NUMBER

日本男子の成長を導いた、
“MADE IN JAPAN”の気概。
~国内育成組は錦織を超えるか?~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byMannys Photography

posted2012/09/24 06:00

日本男子の成長を導いた、“MADE IN JAPAN”の気概。~国内育成組は錦織を超えるか?~<Number Web> photograph by Mannys Photography

一流の証であるトップ100圏内にそれぞれランクしている錦織(中央)、添田(右)、伊藤。

 四大大会でこれほど多くの日本男子の試合が見られる日が来るとは思っていなかった。全米の本戦には4人の日本男子が出場した。全米では1932年以来、80年ぶり、四大大会では5人が出場した'75年全豪以来の快挙だった。

 四大大会にどれだけ選手を送り込めるかで、その国のテニスの勢いが分かる。全米で男子の国別最多は地元アメリカの20人。スペインとフランスがともに12人で続き、日本は4人で9番目につける。

 予選を突破し、四大大会初出場を果たした守屋宏紀は、ランキング100位以内にいる他の3人に刺激されたと言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 655文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

守屋宏紀
錦織圭
添田豪
伊藤竜馬

テニスの前後のコラム

ページトップ