SCORE CARDBACK NUMBER

鷹の新エース・大隣憲司は、
家族のためにマウンドへ。
~6年目左腕の“モデルチェンジ”~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/09/13 06:01

鷹の新エース・大隣憲司は、家族のためにマウンドへ。~6年目左腕の“モデルチェンジ”~<Number Web> photograph by KYODO

8月24日のロッテ戦で12勝目。秋山監督(左)も「緊張感のなかでよく投げた」と絶賛した。

 昨年、日本一に輝いたソフトバンクにとって、ホールトン、杉内俊哉、和田毅が抜けた“43勝”をいかに穴埋め出来るかが今シーズンの鍵だった。彼らの代役としてチームを牽引しているのが、6年目の大隣憲司だ。

 シーズン前、秋山幸二監督は「いなくなったんだから仕方ないじゃん。いる人間で頑張るしかないよ」といつもの口調で泰然自若に構えていたが、担当コーチへの指示は厳しかった。高山郁夫投手コーチはこう振り返る。

「攝津(正)と山田(大樹)を中心に、大場(翔太)、岩嵜(翔)、大隣の3人でローテーションを廻せるようにしてくれと言われました。大隣は気が乗らないとダメなタイプ。良いときは手がつけられないけれど、打たれだすと止まらない。監督には、心中する気で我慢して使ってくださいと言いました」

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
大隣憲司
高山郁夫

プロ野球の前後のコラム

ページトップ