SCORE CARDBACK NUMBER

渡辺監督が期待をかける、
石井一久の「遊び心」。
~西武黄金時代の東尾修のように~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/04 06:00

渡辺監督が期待をかける、石井一久の「遊び心」。~西武黄金時代の東尾修のように~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

5月19日のヤクルト戦では、通算40回目の2ケタ奪三振も記録。自身の快挙に華を添えた。

 5月19日、西武対ヤクルトの交流戦。西武の先発、石井一久は古巣相手に9回2失点の好投を演じ、プロ入り19年目で全球団から勝ち星を挙げた。2001年に日本シリーズで対戦した近鉄とメジャー17球団を加えると、日米30球団から勝利を得たことになる。

「8回終了時に監督から『続投するか』と聞かれて、行くと言いました。珍しく野球選手の負けず嫌いが出ました」

 飄々とした生き方が売りのベテランも、この試合はいつになく燃えていたようだ。

 '92年、野村克也が監督を務めるヤクルトにドラフト1位で入団。'01年、若松勉監督時代に日本一を達成した時、「野村さん以外の監督でヤクルトを日本一にするために頑張ったのだから、今度は我がままを聞いてほしい」と、ポスティング制度でのメジャー行きを球団に求め、移籍。4年に渡りドジャース、メッツの2球団で活躍した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 518文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、真価を見せろ!

Sports Graphic Number 755・756・757

日本代表、真価を見せろ!

 

関連記事

石井一久
渡辺久信
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ