野球善哉BACK NUMBER

光星の田村、北條を封じた大阪桐蔭。
2年生捕手・森友哉の巧みなリード。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/08/23 18:30

光星の田村、北條を封じた大阪桐蔭。2年生捕手・森友哉の巧みなリード。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

197センチのエースを支えたのは170センチの捕手・森友哉。小兵ではあるが、昨秋から大阪桐蔭で正捕手を務め、守備に打撃に大活躍。プロ球団が注目するキャッチャーである。

斎藤佑樹も使っていた、強打者に対する定石の攻め方。

 斎藤佑樹は、主軸打者以外はアウトコースの出し入れで勝負していた。だが、2回戦の大阪桐蔭との対戦では、中田翔に対してしつこくインコースを使っていたし、決勝戦の駒大苫小牧(南北海道)の主砲・本間篤史にも、同じような配球で臨んでいた。

 インコースに速い球を投げ、アウトコースに緩い球を投げ込み、打ちとる。

 強打者に対する配球とはそういうものなのだと、筆者も思っていた。

 今大会ではその狙いを田村、北條のふたりが打ち崩してきたのだが、大阪桐蔭の藤浪-森バッテリーは、その配球の裏をかいて見事に打ちとったのだ。

「藤浪さん、ウイニングボールは僕が取りたいです」

「藤浪さんの一番いい球はアウトコースのストレート。センバツの時も良かったんですが、段階的にもっと良くなっていった。今日が一番でした」と森は何度も、藤浪のボールを絶賛した。

 大阪桐蔭の西谷浩一監督はバッテリーの2人を称える。

「追い込みさえすれば、田村君も北條君も抑えられると思っていました。逃げていたらダメなので、全球勝負くらいの気持ちで行くようにといっていました。それがインコースであれ、アウトコースであっても、ちゃんと投げられれば問題はない、と。森も藤浪もしんどかったと思いますけど、決勝に来て、一番のピッチングでした。集大成のピッチングを見せてくれたと思います」

 9回2死、控え投手の沢田圭佑が伝令に走り、マウンドに輪を作った。

 最終確認だった。

 森は藤浪に対し、冗談を交えながら、こう言ったそうだ。

「藤浪さん、ウイニングボールは僕が取りたいです」

“三振取りましょう”のメッセージだった。

 藤浪が投じた127球目、つまり最後の1球は……2年生とは思えない強気な女房役・森のミットに吸い込まれた。

 大阪桐蔭が、史上7校目となる春夏連覇を達成した。

関連コラム

BACK 1 2 3 4
藤浪晋太郎
田村龍弘
北條史也
森友哉
天久翔斗
関口隆祥
西谷浩一
沢田圭佑
大阪桐蔭高校
光星学院高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ