リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

テレビ最優先で真夜中に試合開始!?
観客軽視のリーガが抱える裏事情。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byUniphoto Press

posted2012/08/23 10:30

テレビ最優先で真夜中に試合開始!?観客軽視のリーガが抱える裏事情。<Number Web> photograph by Uniphoto  Press

現地時間午後11時、日本時間早朝6時キックオフとなったレバンテ対アトレティコ・マドリー。写真は同点ゴールを挙げたアトレティコのトルコ代表MFアルダ。

マドリーとバルサだけが有利な条件で戦える理不尽さ。

 第2節でいうと、もっと悲惨なのはレバンテとバジャドリーだ。

 不人気枠の両チームの対戦ということで月曜の20時キックオフがあてがわれたが、平日の、日本での感覚でいうなら18時ぐらいの時間帯だから、ホームチームのバジャドリーの入場券収入はまず伸びない。一方のレバンテはアスレティック同様、前の週の木曜日夜にELのプレイオフがあるのだが、こちらはスコットランドのマザーウェルまで飛ばねばならないので、なおきつい。

 リーガは一事が万事こんな調子。だから結局テレビ側がどこよりも優遇するマドリーとバルサに有利になってしまう。

 人気のヒエラルキーが試合環境に直接影響するなんて全く理不尽なことであり、被害クラブは手を結んで状況打破に奮闘しているが、テレビ側もビジネスとしてやっているだけに簡単には折れないだろう。

 しかし、この戦いはテレビ放映権料の分配問題にも繋がっている。よって、不景気で補強のたび財布の中身を確認せねばならない今年、クラブ側は熱を入れて交渉を続けるのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3
マジョルカ
エスパニョール
レバンテ
アトレティコ・マドリー
セビージャ
アスレティック・ビルバオ
バジャドリー
レアル・サラゴサ
レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ