MLB東奔西走BACK NUMBER

松井稼頭央、突然解雇の真相。
開幕の好調ぶりは何故消えたのか? 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2010/05/30 08:00

松井稼頭央、突然解雇の真相。開幕の好調ぶりは何故消えたのか?<Number Web> photograph by AFLO

移籍先のロッキーズには2006~07年にも所属。'07年に打率2割8分8厘、32盗塁でチームのワールドシリーズ進出に貢献した。「僕に2度目のチャンスを与えてくれて感謝している。できるだけ早くメジャーに上がってチームの勝利に貢献するのが目標です」とコメントした

松井稼頭央の解雇劇の評価は、今後のプレーで決まる。

 繰り返すが、今回の解雇劇は松井が首脳陣の求める結果を残せなかったためだ。

 だがその一方で、松井自身にはコントロールできない様々な要因が、打撃不振に拍車をかけたという事実は、ないがしろにできないのではないか。

 解雇されたとはいえ、すぐに松井はロッキーズに復帰した。マイナー契約のためまずは3Aスタートだが、毎試合出場という本人が望んでいた環境でプレーできるし、今後の成績次第で早い時期のメジャー昇格もあるようだ。

「あとは自分次第ですね」

 果たしてアストロズの判断が正しかったのか。それを見極めるには、松井の今後のプレーを見守るしかない。

■関連コラム► チームを変える2番打者。 (08/05/21)
► ロッキーズ“デンバーの奇跡”の舞台裏。 (07/10/09)

コメントする・見る
BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

松井稼頭央
ヒューストン・アストロズ
コロラド・ロッキーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ