プレミアリーグの時間BACK NUMBER

'09-'10シーズン、プレミアリーグの
ベストイレブンはこのメンバーだ!! 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAction Images/AFLO

posted2010/05/28 10:30

'09-'10シーズン、プレミアリーグのベストイレブンはこのメンバーだ!!<Number Web> photograph by Action Images/AFLO

シーズン最終節のストーク・シティ戦後、息子のカイ君を抱いてファンに挨拶するルーニー。彼の大活躍がなければ、マンUは2位にすらなれなかっただろう

チーム降格危機を救ったスコット・パーカーは守備の要。

 次に中盤。3センターの守備役には、ウェストハムの降格回避を実現したスコット・パーカーを抜擢した。開幕前には10位以内もあり得るかに思われたウェストハムは、財政難の影響で泥沼の残留争いに巻き込まれた。補強失敗、オーナー交代、新オーナーと監督の不仲と揺れ続けた集団の中で、唯一人、芯がぶれなかったのがパーカーだ。メディアでは「チームにパーカーが11人いれば」と幾度も讃えられ、36節ウィガン戦では残留を確定する決勝のミドルまで決めた。

 右横には、チェルシーの「ミスター・リライアブル」ことフランク・ランパードが並ぶ。途中で不振説も流れたが、終わってみれば、リーグ最高の17アシストと、マンCのカルロス・テベスと並ぶリーグ4位の22ゴールを記録しているのだから選ばないわけにはいかない。

 もう1名は、アーセナルを優勝戦線に踏み止まらせたセスク・ファブレガスだ。怪我で27試合出場に止まったが、大事を取って控えに回った年末のアストンビラ戦、0-0で迎えた57分に投入されて2ゴールを決め、85分にベンチに戻った28分間の「独り舞台」は圧巻だった。

得点王こそ逃したがルーニーの爆発力は外せない。

 前線の中央はウェイン・ルーニーをおいて他にはいない。クリスティアーノ・ロナウドが抜けたマンUの得点源としてボックス内での仕事を意識し、プレミアでは2位の26ゴール、その他の公式戦を合わせて計34得点をチームにもたらした。得点王となったディディエ・ドログバがそれほど騒がれなかったのも、終盤に怪我が続くまでは手が付けられなかったルーニーの暴れっぷりがあればこそだ。

 3トップの右翼は、ボルトンで新戦力となったイ・チョンヨンに任せる。当初は自軍ファンにもさほど期待されていなかったはずだが、決勝点をあげた6節バーミンガム戦で優れたテクニックと攻撃センスの良さを一気にアピール。移籍1年目にして34試合で起用された。プレミアでは、アジア人といえば長らくマンUのパク・チソンの「汗」のイメージだったが、それに「華」を加えてくれた手柄も讃えたい。

 対翼にはクレイグ・ベラミー。ロビーニョがシーズン半ばに去り、エマニュエル・アデバヨルが失速したマンCで、主にウィンガーとしてテベスの脇役に回りながらハードワークをこなした。トップ3との対戦では合計5得点と、大舞台での勝負強さも見せた。

指揮官はトッテナムをベスト4に導いたハリー・レドナップに。

 最後に、ベスト11を率いるのはハリー・レドナップだ。プレミア年間最優秀監督は、大詰めの37節でマンCとの直接対決に勝ち、悲願のCL出場権を手にしてシーズンを締め括った。20年ぶりにトッテナムをトップ4に導いた指揮官は、「大物を1人獲れば次はタイトルを争える」と鼻息も荒い。

 プレミアでは来シーズンも手に汗握る熱戦が繰り広げられるだろう。果たして来年の今頃は、ベスト11にどんな顔ぶれが並ぶだろうか。

関連記事

BACK 1 2

海外サッカーの前後の記事

ページトップ