Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ナンバーW杯傑作選/'06年8月掲載>オーストラリア戦「『魔の8分間』の正体」~ヒディンクの完全なる戦略~ 

text by

鈴木英寿

鈴木英寿Hidetoshi Suzuki

PROFILE

posted2010/05/31 10:30

<ナンバーW杯傑作選/'06年8月掲載>オーストラリア戦「『魔の8分間』の正体」~ヒディンクの完全なる戦略~<Number Web>
「選手たちを誇りに思う」。W杯初戦終了後、ヒディンクはそう胸を張った。
 前半に不運な失点を喫しながら、終盤の8分間で3得点を叩き込んでの逆転劇。
 勝ったオーストラリアは後に16強入りし、負けた日本はグループリーグで消えた。
 彼我の明暗を分けた“魔の8分間”。その本質は、どこにあったのか――。

「初戦の最後の8分間がすべてだった」

 ブラジル戦後の記者会見で、ジーコは苦しげにグループリーグ敗退の原因をそう語った。

 中村俊輔のクロスから幸運な先制点を獲得した6月12日のオーストラリア戦。その後は相手の猛攻を凌ぎ、辛くも勝ち点3をもぎ取るはずだった。ところが、ロスタイムを含めた8分間で3点を叩き込まれ、ジーコジャパンは悲劇的ともいえる惨敗を喫したのである。

 対するオーストラリアはその後、見事にグループリーグを突破。決勝トーナメント1回戦でイタリアに敗れたものの、後の優勝国をあわやというところまで追い詰めている。

 オーストラリア代表監督フース・ヒディンクは“魔の8分間”を演出したことで日本を絶望の淵に追いやり、逆に己のチームに勢いと自信を与えたのだった。

「日本戦はすべてプラン通りだった」

 ヒディンクのアシスタントコーチを務めたグラハム・アーノルドはそう胸を張った。

「我々は事前に様々なケースをシミュレーションしていた。1-0でリードしているとき、同点のとき、怪我人が出たときなどシナリオは何パターンもあった。日本戦では、『残り15分で0-1の状況』という想定シナリオ通りに手を打ったまでさ」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2538文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツW杯永久保存版World Cup Germany 2006,The Undefeated

Sports Graphic Number PLUS August 2006

ドイツW杯永久保存版
World Cup Germany 2006,The Undefeated

 

海外サッカーの前後の記事

ページトップ