SCORE CARDBACK NUMBER

騎手への「加重制裁」は、
すべてに公平な裁決か?
~初の適用は三浦皇成と松岡正海~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/04/23 06:00

騎手への「加重制裁」は、すべてに公平な裁決か?~初の適用は三浦皇成と松岡正海~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

三浦皇成(先頭)が失格処分を受けた1月の新馬戦。JRA史上最多9頭の落馬事故となった

 3月初旬のJRA定例記者会見の席上、審判担当の金田裕之理事から、重大な違反を繰り返した騎手に対し、事前に本人に通告したうえで、加重した制裁を行なう強い方針が明らかにされた。

 その時点で、金田理事が言う「制裁による抑止効果が働いていない、違反を繰り返す騎手」に該当していたのは、三浦皇成と松岡正海の二人。三浦は9人が落馬した1月11日の中山と、2月6日の中京で騎乗停止処分を科せられていたし、松岡は12月20日の阪神と、1月24日の中山で他馬の進路を妨害して、それぞれ4日間の騎乗停止の罰を受けていた。金田理事の言葉通り、会見後に「事前の通告」もされたそうだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Last SAMURAI of Formula 1可夢偉のすべて、琢磨のいま。

関連記事

三浦皇成
松岡正海

競馬の前後の記事

ページトップ