ロンドン五輪EXPRESSBACK NUMBER

吉田や林、OA枠の選手の想い……。
急速に強まる関塚ジャパンの“絆”。 

text by

日々野真理

日々野真理Mari Hibino

PROFILE

photograph byPress Association/AFLO

posted2012/07/23 12:00

吉田や林、OA枠の選手の想い……。急速に強まる関塚ジャパンの“絆”。<Number Web> photograph by Press Association/AFLO

メキシコ戦で決勝点をきめた大津を祝福するキャプテンの吉田。関塚監督も「最後までチームが1つになって戦うことができたのが収穫」とコメントしている。

日本の同世代の選手たち全員の思いを込めて、戦う!

「五輪という大会の出場権を得たことが、まず、すばらしい事。誇りを持って戦って、日本にいいニュースを届けてほしい。いい報告を待っている」

 と語って、決戦の地へと旅立つメンバーを見送った林。

「僕たちは、サポートメンバーはもちろん、日本にいる同世代の選手達全員の思いも持って戦う」

 メキシコ戦で決勝ゴールをあげた大津祐樹は、そうハッキリと誓った。

 このチームは、フルメンバーの結成からまとまって練習する時間が少なすぎるという不安が内外で指摘されていた。だが急速に、そして確実にこのチームの中では“絆”が強くなっている。その“絆”の下、それぞれの個性がかみ合って、大きな力となりピッチで表現されることを願う。

 誇りを持って戦う彼らを、全力で応援したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
林彰洋
齋藤学
吉田麻也
青山直晃
大津祐樹
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ