Number PLUS SpecialBACK NUMBER

<EUROの守護神たちを語る> 楢崎正剛のゴールキーパー論 「カシージャスは決して試合を壊さない」 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2012/07/18 06:02

<EUROの守護神たちを語る> 楢崎正剛のゴールキーパー論 「カシージャスは決して試合を壊さない」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto
サッカーの華であり、試合の勝敗を決する「ゴール」。
チームの最後方で最後の砦となるゴールキーパーは、
最も直接にゲームの流れを左右する存在である。
元日本代表GKが、欧州の守護神たちを語り尽くす。

 名優がきっちり舞台を引き締めた。

 UEFAのテクニカルチームは、今大会のベストメンバーに3人のGKを選出している。カシージャス(スペイン)、ブッフォン(イタリア)、ノイアー(ドイツ)だ。異論を挟めない選考と言っていい。

 では、彼らの何が凄かったのだろう。大会を象徴するような、まどろみとうつつを覚ますようなビッグセーブを連発したから? 答えはたぶん「NO」である。

「大会全体を通して言えるのは、GKの明らかなミスによる失点はほぼなかった。『これは止めなきゃいけない』というシュートは、誰もがしっかり止めている。失点はどれも、『これはしょうがないかな』というもの。無駄がなくて、確実性を追求している」

 こう語るのは、楢崎正剛である。4度のワールドカップを経験し、J1歴代3位の出場数を誇る36歳の守護神は、優れたGKの条件に「スムーズさ」をあげた。

「チームによってやり方は色々で、GKの役割もひと括りにできないですが、全体をスムーズに動かしているかは気になります。キャッチングできないシュートを、どこに弾いているのか。キャッチしたあとのボールやバックパスを、どこへ、どのように、つないでいるのか。そういった判断が適切だと、ゲームにリズムを作ることができますから」

こちらは雑誌『Number PLUS』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3313文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<ユーロ2012完全保存版>欧州列強 激闘の記録。

Sports Graphic Number PLUS August 2012

<ユーロ2012完全保存版>
欧州列強 激闘の記録。

 

楢崎正剛

海外サッカーの前後の記事

ページトップ