Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<Jリーガーが見たEURO> 佐藤寿人のストライカー論 「ディナターレに自分を投影した」 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/07/11 06:02

<Jリーガーが見たEURO> 佐藤寿人のストライカー論 「ディナターレに自分を投影した」<Number Web> photograph by Toshiya Kondo
Jリーグを代表するゴールハンター・佐藤寿人。
彼の目には、欧州のストライカーたちはどう写ったのだろう。
好きな得点パターン、点取り屋たちへの共感、
さらに0トップまで“ゴール前”の争点を深掘りする。

 EUROを満喫したのは、なにもサッカーファンばかりではない。

 Jリーガーもウクライナとポーランドで繰り広げられた欧州ナンバーワン決定戦に熱い視線を送っていた。練習に差し障るため、眠い目をこすりながら深夜に観戦するようなことはしないが、録画して、翌日に見ることを楽しみにしていた選手は少なくない。

 サンフレッチェ広島の佐藤寿人もEUROに一喜一憂したJリーガーのひとりである。ベスト4が出揃ったその日、日本を代表する、このストライカーのもとを訪ねた。

 今季、Jリーグ史上初めて9年連続2桁得点を記録した佐藤は、かねてから元イタリア代表のフィリッポ・インザーギのファンであることを公言している。DFと駆け引きしながらパスを引き出し、抜け目なくゴールを奪うスタイルは、まさにインザーギそのものだ。

 そんな彼が今大会で自身を投影したのが、イタリア代表のベテランFW、アントニオ・ディナターレである。

「イタリアが大好きなので応援しているんですが、アントニオ・カッサーノはファンタジスタ系だし、マリオ・バロテッリはポテンシャルを感じるけど、まだ荒削りで本能に頼った感じ。そんななか、ディナターレには刺激を受けました。フィニッシュまでのボールの引き出し方が多彩で、セリエAを見る限りゴールのバリエーションも豊富。自分の形を持っているから、落ち着いてシュートを打てるし、決断力もある」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3262文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

佐藤寿人
アントニオ・ディナターレ
クリスティアーノ・ロナウド

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ