MLB東奔西走BACK NUMBER

現役唯一のナックル投手が初球宴!
R.A.ディッキーが見せる正統なる魔球。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/07/07 08:02

現役唯一のナックル投手が初球宴!R.A.ディッキーが見せる正統なる魔球。<Number Web> photograph by Getty Images

現役メジャー投手で唯一のナックルボーラーであるR.A.ディッキー。今シーズン、前半戦ですでに自己最多となる12勝を挙げ、防御率2.15、奪三振116(7月4日現在)と、37歳にして大ブレイクしている。

歴代ナックルボーラーを上回る、今シーズンの成績。

 ディッキーのここまでの成績は、6月は2試合連続で1安打完投勝利(1試合は完封で、もう1試合は1失点ながら自責点無し)を達成するなど、月間最優秀投手賞を獲得。さらに5月22日から6月18日まで44.2イニング連続自責点ゼロという離れ業もやってのけた。7月3日現在で投手部門三冠といわれる勝利数(12勝・1位)、防御率(2.15・3位)、奪三振数(116・2位)とすべてトップ3にランクイン。現時点でオールスター戦の先発投手はおろか、サイヤング賞の最右翼でもあるのだ。

 サイヤング賞といえば1956年に誕生以来、絶対的な投手に贈られてきたエースの称号で、まだ誰一人としてナックルボーラーが受賞したことはない。

 ナックルといえば、それを投げる投手でも制御不能といわれる球種で、制球も難しく安定感とは正反対のイメージがつきまとう。しかし、今シーズンのディッキーは明らかにナックルボーラーとしては“規格外”なのだ。以下の表をご覧頂きたい。

●1980年代以降メジャーで活躍した代表的なナックルボーラーの主な成績
選手名 通算防御率 通算平均
奪三振数
通算平均
与四球数
自己最多イニング数
達成年(年齢)
フィル・ニークロ 3.35 5.6 3 1979(40)
ジョー・ニークロ 3.59 4.4 3.2 1982(37)
チャーリー・ハウ 3.75 5.6 3.9 1987(39)
トム・キャンディオッティ 3.73 5.7 2.9 1986(28)
ティム・ウェイクフィールド 4.41 6 3.4 2005(38)
R.A.ディッキー(~2011シーズンまで) 4.07 6 2.9
R.A.ディッキー(2012シーズン) 2.15 9.2 2
※R.A.ディッキーのこれまでの最多イニングとなった年は2011シーズン

 1980年代以降メジャーで活躍した代表的なナックルボーラーの通算防御率、1試合あたりの平均奪三振数、平均与四球数、自己最多イニング数達成年および年齢を表にまとめたものだ。

 昨年までのディッキーは他のナックルボーラーと同じような成績だったのに対し、今年に入ってからは、明らかに安定感が増しているのが数字の上でも明らかだ。

【次ページ】 ディッキーのナックルの秘密は“高さ”と“球速”。

BACK 1 2 3 NEXT
ロバート・アラン・ディッキー

MLBの前後の記事

ページトップ