SCORE CARDBACK NUMBER

昨季の悔しさを乗り越えた
両エースのファイナル対決。
~K・デュラントとL・ジェイムス~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/07/09 06:00

昨季の悔しさを乗り越えた両エースのファイナル対決。~K・デュラントとL・ジェイムス~<Number Web> photograph by Getty Images

ジェイムス(右)はファイナル平均28.6得点、デュラントは30.6得点とチームを牽引した。

 去年11月、ケビン・デュラントは、レブロン・ジェイムスに誘われて、ジェイムスの故郷、オハイオ州アクロンを訪れた。NBAがロックアウト中で、いつシーズンが始まるかわからなかった頃だ。それでも、いや、だからこそ、2人はお互いに励ましあい、刺激しあいながら、“ヘルウィーク(地獄の週)”と名づけた4日間のトレーニングを行なった。

 思いは同じだった。昨季、デュラントのオクラホマシティ・サンダーはカンファレンスファイナルで、ジェイムスのマイアミ・ヒートはNBAファイナルで、王者ダラス・マーベリックスに敗れてシーズンを終えていた。それぞれ悔しい思いをし、そして次こそは自分たちが優勝だという気持ちが原動力になっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 585文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

マイアミ・ヒート
オクラホマシティ・サンダー
ケビン・デュラント
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ