SCORE CARDBACK NUMBER

世界最高峰の米西海岸へ、
福永祐一が単身武者修行。
~“武豊超え”に挑む名血騎手~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/06/27 06:01

世界最高峰の米西海岸へ、福永祐一が単身武者修行。~“武豊超え”に挑む名血騎手~<Number Web> photograph by AFLO

ストロングリターンで勝った安田記念でGI通算16勝。福永の全盛期は始まったばかりだ。

 昨年、デビュー16年目にして初めて全国リーディングジョッキーの座に輝いた福永祐一騎手。不世出の天才騎手と言われた福永洋一の息子が、名血の真価をいよいよ発揮しだした。

 道のりは決して平坦ではなかった。中学の体育の授業で跳び箱を失敗し、足を骨折して競馬学校の入学試験を1年浪人。そのことがマスコミに報道されてしまうほど入学前から有名人で、端正なマスクに恵まれたことも含めて、ひ弱なイメージが定着してしまったのだ。

 そして、'99年には落馬事故で左腎臓摘出の大けがを負い、父と同じ道に進むこと自体に反対していた母・裕美子さんにさらなる心労をかけることにもなった。改名を勧める母の言い分を半分だけ聞き入れて、色紙などにしたためるサインを「福永雄一千」にしたところが、彼の優しさと現実にうまく対応する能力の高さを表している。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 577文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 ブラジルW杯最終予選>日本代表「アジアを超えて」

関連記事

福永祐一

競馬の前後の記事

ページトップ