Number on NumberBACK NUMBER

女子バレーの“攻撃力”。
~五輪メダル獲得の条件とは?~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/06/26 06:01

女子バレーの“攻撃力”。~五輪メダル獲得の条件とは?~<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

ロンドン五輪世界最終予選最終日、東京体育館で行われ、女子日本代表はセルビアにフルセットの末に敗れたが、上位3チームを除くアジア最上位(4位)となり、辛くも3大会連続の五輪出場を決めた。

 苦しんだものの、バレーボール女子日本代表は3大会連続のオリンピック出場を決めた。世界最終予選では、10連勝中だった韓国に3年7カ月ぶりに敗れ、厳しい状況に追い込まれたが、キューバをフルセットの末に下して立ち直った。

 世界最終予選4位通過という結果だけを見ると、ワールドカップで4位になった昨年より、チーム力が下がっているような印象を受けるかも知れない。だが、条件付きではあるものの、現在の日本が、ロンドン五輪でメダル候補の一角を占めていることに変わりはないだろう。なぜ、そう言えるのか。敗れた韓国戦の内容を詳しく見ながら、考えてみたい。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

江畑幸子
木村沙織
山口舞
大友愛
井上香織
荒木絵里香
岩坂名奈
平井香菜子
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後のコラム

ページトップ