SCORE CARDBACK NUMBER

逆境を力に変えてきた、
4番・村田修一の真骨頂。
~“悲劇のヒーロー”からの脱却~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2012/06/22 06:00

逆境を力に変えてきた、4番・村田修一の真骨頂。~“悲劇のヒーロー”からの脱却~<Number Web> photograph by KYODO

6月9日の西武戦、9回にサヨナラ打を放ち、派手なガッツポーズで、一塁へと向かう村田。

 蘇ったのは、生まれ育った福岡の地でのことだった。

「自分を変えるためには、横浜を出た方がいい」と考えた村田修一は'10年オフ、ソフトバンクへのFA移籍を考えた。だが、当時4歳の長男には持病があり、かかりつけの医師のことを考えれば関東を離れることはできないと、横浜残留を決めた。昨オフ、第2回WBC以来、バッティングを評価してくれていた原辰徳監督たっての願いもあり、FA移籍を決断し、巨人のユニフォームを着た。ところが、開幕からチームは低迷し、5月1日から4番を任されていた村田も、その責任を背負い込んでいた。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

村田修一
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ