濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

FEG破産から新生K-1誕生まで──。
一体「K-1」で何が起きているのか!? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/06/01 10:30

FEG破産から新生K-1誕生まで──。一体「K-1」で何が起きているのか!?<Number Web> photograph by Susumu Nagao

新生K-1のエグゼクティブ・プロデューサー(EP)に就任した魔裟斗。2012年5月16日に行なわれた就任記者会見では、K-1の顔役としてその抱負を語った。今後、EPとして主に試合のマッチメイクなどを行なう。

石井和義氏は『国際K-1連盟』でアマへの普及活動を。

 こうして2大イベントが確立される中、石井氏はK-1創始者として『国際K-1連盟(FIKA)』を設立。FIKAはアマチュア中心の世界的普及を目指し、今年3月にはFIKA主管により後楽園ホールで『K-1甲子園』が開催されている。

 プロのK-1グローバルとGLORY、アマチュアのFIKA。一般層にとっては複雑な構図だ。中継はネットによるものだから、“テレビで見るもの”というイメージが強かったK-1が“新生”“復活”を広く印象づけるには時間がかかるかもしれない。未払金の問題も残されている。

 とはいえ、K-1が新たな出発を果たしたことは事実だ。活躍の場があることで、選手のモチベーションも高まるだろう。総合ファイターがアメリカのUFCを目指すように、立ち技ファイターも海外のビッグイベントを目指す。日本のファンは“海外イベント”としてK-1を楽しむ。そんな時代が到来したのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
魔裟斗

格闘技の前後の記事

ページトップ