オリンピックへの道BACK NUMBER

世界選手権連覇の浅見が初戦敗退。
それでも公平な柔道五輪代表の選考。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byJun Tsukida/AFLO SPORT

posted2012/05/16 10:31

世界選手権連覇の浅見が初戦敗退。それでも公平な柔道五輪代表の選考。<Number Web> photograph by Jun Tsukida/AFLO SPORT

柔道ロンドン五輪代表が体重別選手権の最終日に勢揃い。下段左端から福見友子、中村美里、松本薫、上野順恵、田知本遥、緒方亜香里、杉本美香。上段左から平岡拓晃、海老沼匡、中矢力、中井貴裕、西山将士、穴井隆将、川上大樹。全14人で、このうち五輪初出場が12人に上るなどフレッシュな顔ぶれとなった。

切磋琢磨してきた仲間だからこそ、負けた相手を気遣う。

 会見後、選手たちの囲み取材が始まった。取材の中で、代表決定をどのように知らされたのか、話に出た。

 聞けば、控え室に代表候補選手たちは勝った選手も敗れた選手も一堂に集められ、室内に設置されたモニターに一階級ずつ名前が表示される方法だったという。

 その後、テレビ中継を観ていた記者から聞いたところによると、控え室にはテレビカメラが入り、選考を見守る選手たちの表情を捉えていたという。

 酷なやり方だと思う。選手からも、「きつかったです」という言葉が聞かれた。

 彼らは、同じ階級のライバルとしのぎを削ってきた。互いに負けられない相手だ。だからこそ、互いに敬意を抱いている選手だって少なからずいる。

それぞれの思いを背負い、ロンドン五輪の大舞台に立つ。

 中村と西田は、試合が決した直後、歩み寄って握手し、「ありがとうございました」と言葉をかわした。

「西田さんがいなかったら、柔道をこんなに考えませんでした」

 試合後、中村は語っている。

 だから、選ばれたことがわかっても相手を慮って喜びを表すことはできない。選ばれなかった選手は、どのような思いで過ごしていたか……。

 それは、必要な演出だったのだろうか。選手たちの立場を想像すると、そう思わずにはいられなかった。

 ともあれ最終選考は終わり、男女各7名、計14名がロンドン五輪代表に選ばれた。

 重量級のエースとして矢面に立たされる中、オリンピックで名誉挽回を図る100kg級の穴井隆将、実力は認められながらも谷本歩実に阻まれ北京五輪に出場できず、ようやく代表入りを果たした63kg級の上野順恵、誰もがそれぞれに何かを背負ってここまでたどりついた。

 そんな彼らの、大舞台での活躍を楽しみにしたい。

関連記事

BACK 1 2 3
福見友子
中村美里
松本薫
上野順恵
田知本遥
緒方亜香里
杉本美香
平岡拓晃
海老沼匡
中矢力
中井貴裕
西山将士
穴井隆将
川上大樹
西田優香
浅見八瑠奈
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ