野球善哉BACK NUMBER

投高打低時代は守備を堪能する!?
阪神・鳥谷敬が魅せるプロの技。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/05/07 11:45

投高打低時代は守備を堪能する!?阪神・鳥谷敬が魅せるプロの技。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

守備だけでなく、打撃も好調の鳥谷敬。5月5日からは打順が3番から1番に変わった。和田豊監督曰く「足もある、出塁率も高い。リードオフマンとしての素質があるので、いつかは1番に置きたいと思っていた」。

 野球の魅力は他にもある――。

 統一球の是非についての報道を見るたびにそう思う。

 昨季から導入された統一球の影響で、セ・パ両リーグのホームラン数は激減。その流れは今季も変わらず、完封試合が激増するなど「投高打低」の現状を疑問視する声が続いている。先月24日には、プロ野球選手会会長である阪神の新井貴浩選手が統一球の再検証をNPB側に申し出る事態にまでなった。

 確かにデータが示す通り、「投高打低」は否めない。

 だが完封試合とまではいかなくとも、最少得点の試合でファンを魅了できないものか……ホームランこそ出なくても、少ない得点をめぐるギリギリの攻防はファンを魅了するはずだ。

 一発逆転ホームランは野球の醍醐味の一つだが、それがすべてというわけでもないだろう。投手を含めたディフェンスの妙味も野球の魅力を物語る一つではないだろうか。

 そのディフェンスの妙味を見せつけている選手がいる。

 昨季、初のゴールデングラブ賞を獲得した阪神・鳥谷敬遊撃手である。

鳥谷はあらゆる面で守備力が向上し、しかも安定してきている。

“打球が抜けない”といっては大げさかもしれないが、今季の鳥谷の守備は、『内野安打は許さない』、『エラーが期待できない』。そう表現できる。

 一歩目のスタート、左右や前へのアジリティ、スローイングの正確さ。

 ゴールデングラブ賞受賞もさることながら、今季に入って感じるのは、全ての精度が以前にも増して上がってきているということだ。安定のレベルが昨季よりも高くなっている。

 久慈照嘉内野守備走塁コーチが証言する。

「鳥谷の守備は安心して見ていられる。ここ数年ずっとそうですね。でも、それは劇的に良くなったということではなく、彼の数年の努力のたまものでしょう。キャンプの1カ月も決して無駄にはしていなかったですからね」

【次ページ】 試合前、必ずフリー打撃で練習する鳥谷の意図とは?

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鳥谷敬
藤村大介
前田健太
メッセンジャー
阪神タイガース

プロ野球の前後のコラム

ページトップ