プレミアリーグの時間BACK NUMBER

打倒バルセロナを果たした原動力。
CL決勝に臨むチェルシーの武器とは? 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/05/10 10:31

打倒バルセロナを果たした原動力。CL決勝に臨むチェルシーの武器とは?<Number Web> photograph by AFLO

バルセロナに引導を渡すゴールを決めたF・トーレス。プレミア史上最高の65億円で移籍しながら不遇をかこっていた男が、土壇場で大きな仕事をした。

「今の俺たちに不可能はないと信じている」

 守勢一方だったチェルシー、しかもトーレスのゴールという展開に、解説者のガリー・ネビル(元マンU)は「ア~ンビリーバブル!」と叫んだ。

 だが、ゴールを決めたこのスペイン人FW自身は、過去10試合7得点と「相性がいいんだ」と自ら語っていたバルセロナ戦での自分を信じて疑わなかった。

 終了の笛が鳴ると、TVカメラはベンチを駆け出すドログバを捉えた。接触プレーの度に倒れ込むCFは、大袈裟なリアクションが「醜態」と非難された。それでも、チームの勝利のためと信じ、敵のリズムを絶って味方に息つく暇を与えながら、持ち前の強さと高さを守備で発揮した。一目散に向かった先は、ポジションを争ってきたトーレス。「勇壮」な決勝進出ドラマに相応しい、美しい幕切れだった。

 その過程で受けた警告により、チェルシーは、テリー、イバノビッチ、ラミレス、ラウル・メイレレスの4名を決勝で欠くことになった。

 ケーヒルの回復も微妙で、バイエルン・ミュンヘンと対峙する最終ラインには、再びボシングワのCB起用という緊急事態もあり得る。敵には、クラブの本拠が決勝の会場という、純然たるホーム・アドバンテージもある。悲願の優勝への道のりは最後まで険しい。だが、打倒バルセロナを可能にした「信じる力」は、逆境を撥ね退けた勝利で更に強まっている。ドログバは言う。「今の俺たちに不可能はないと信じている」と。

関連記事

BACK 1 2 3 4
チェルシー
アンドレ・ビラスボアス
ロベルト・ディマッテオ
ディディエ・ドログバ
バルセロナ
ジョン・テリー
ギャリー・ケーヒル
ブラニスラフ・イバノビッチ
ジョゼ・ボシングワ
ペトル・チェフ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ