SCORE CARDBACK NUMBER

ついに「西高東低」が変わる?
混戦のクラシックを占う。
~桜花賞、皐月賞の本命予想~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2012/04/01 08:00

ついに「西高東低」が変わる?混戦のクラシックを占う。~桜花賞、皐月賞の本命予想~<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ディープインパクト産駒のワールドエース。父譲りの末脚(33秒0)できさらぎ賞を制した。

 いよいよクラシック本番が近づいてきた。

 第一弾の桜花賞(GI)は4月8日に阪神競馬場の芝1600mを舞台に行なわれるが、関東馬の勢力が例年にないほど厚くなっているのが興味をそそる。なにしろ、チューリップ賞がハナズゴール(牝3歳、美浦・加藤和宏厩舎)、アネモネSがパララサルー(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)、フィリーズレビューがアイムユアーズ(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎)と、3つあるトライアルレースの全てを関東馬が制したのだ。断然の主役と目されていた2歳女王ジョワドヴィーヴル(牝3歳、栗東・松田博資厩舎)がチューリップ賞で3着に沈んだことで、下克上ムードに俄然拍車がかかった感がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 788文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<800号記念総力特集>日本代表16人に問う日本サッカーの進む道。

関連記事

ハナズゴール
パララサルー
アイムユアーズ
ジョワドヴィーヴル
コスモオオゾラ
グランデッツァ
ディープブリランテ

競馬の前後の記事

ページトップ