野球クロスロードBACK NUMBER

開幕投手は絶対エースで行くべき!?
斎藤佑樹で勝負する栗山監督の深謀。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/03/24 08:01

開幕投手は絶対エースで行くべき!?斎藤佑樹で勝負する栗山監督の深謀。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

「普通に考えたら開幕投手は武田勝でユウキが勝負するような内容ではない」として「スマン」とエース格の武田勝に謝ったという栗山英樹監督。斎藤は「開幕を任せてもらえるという話をいただき、経験したことがないほど身の引き締まる思いがしました」と答えている。

両リーグの予告先発と開幕戦の醍醐味。

 開幕投手は、エースが務めるものだし、そうあるべきだということも理解できる。斎藤の抜擢も、どちらかというと否定的な意見が多いだろう。しかし、栗山監督はそれを承知で斎藤の覚醒を期待しつつ、チームが勝つために最善の策を選んだのだ。

 冒頭でも触れたように、ほとんどのチームが開幕投手をすでに決めている。

 しかし例えば、高崎健太郎が当確しているDeNAなら、3年目でオープン戦でも結果を残している国吉佑樹を。オリックスであれば、昨年10勝を挙げた西勇輝と、エース不在のチームであれば、若く、将来性のある投手に大役を任せる。そして、開幕戦を「1/144」と捉え、3連勝を狙うプランを立てるといった冒険に踏み切るのもありだろう。

 今季の展望や選手起用がはっきり伝わる、3月30日開催となったセパ両リーグの開幕戦。しかも、今年から両リーグともに予告先発が適用されるだけに、日本ハムのような戦略もまた、開幕戦の醍醐味のひとつと言えるのではないだろうか。

関連コラム

BACK 1 2 3
栗山英樹
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
武田勝
金子千尋
前田健太

プロ野球の前後のコラム

ページトップ