SCORE CARDBACK NUMBER

名門も続々撤退する、
生産牧場の“苦境の真相”。
~長引く不況と地方競馬の衰退~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byKeiji Ishikawa

posted2012/02/26 08:00

名門も続々撤退する、生産牧場の“苦境の真相”。~長引く不況と地方競馬の衰退~<Number Web> photograph by Keiji Ishikawa

ウオッカでダービーを制覇した際の谷水代表(左端)。日本馬主協会連合会最高顧問も務める

 名牝ウオッカ(8歳)をはじめ、4頭ものダービー馬を輩出したカントリー牧場(北海道新ひだか町)が、競走馬の生産部門と育成部門の両方を売却した。

 1963年の創業から続いた名門牧場の看板を下げる決断をしたことを、谷水雄三代表が自ら記者会見を開いて発表。72歳の谷水代表は「オーナーブリーダーとして結果を出し続けるためには、10年先、20年先を見据えて行動しなければいけない。そう考えると私も少し年をとり過ぎたのかも。ウオッカの引退をきっかけに、いいイメージのままで撤退したいと思いました」と、その理由を語った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 686文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

谷水雄三

競馬の前後のコラム

ページトップ