濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

世界最大・最高のMMA大会が来日。
“UFC”で日本格闘技界が激変する!? 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/02/23 10:30

世界最大・最高のMMA大会が来日。“UFC”で日本格闘技界が激変する!?<Number Web> photograph by Getty Images

今回、ライト級4度目となる防衛戦に挑む王者フランク・エドガー。レスリングを基礎に、ブラジリアン柔術を習得。そのファイトスタイルは判定での勝利も多いが、前戦UFC136ではグレイ・メイナードに対してTKOを収めるなど、無類の粘り強さを誇る

シビアな生存競争に日本人ファイターは生き残れるか?

 そんなUFCに出場している日本人選手の多くは、苦戦が続いている。

 昨年の日本人選手のトータル戦績は4勝10敗だ。とりわけ連敗中の秋山成勲、五味隆典、山本“KID”徳郁にとっては、この日本大会が正念場。

“母国での晴れ舞台”は、同時に“崖っぷちの一戦”でもあるのだ。サッカーにたとえるなら、UFCは優勝決定戦と入れ替え戦が同じ大会で見られるようなもの。

 王座を奪取するか、守るか。

 UFCの舞台に踏みとどまるか、脱落するか。

 白星と黒星の差が極端に大きい勝負の厳しさこそが最大の“UFCらしさ”であり、我々は日本大会でそのことを最確認することになるだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
フランク・エドガー
ベンソン・ヘンダーソン

格闘技の前後の記事

ページトップ