SCORE CARDBACK NUMBER

ムエタイ最高峰の舞台へ。
梅野源治に漂う“殺気”。
~タイで一番有名な日本人に!?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/02/22 06:01

ムエタイ最高峰の舞台へ。梅野源治に漂う“殺気”。~タイで一番有名な日本人に!?~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

昨年11月にはデッカモン・ヒマライジムを倒し、WPMF世界スーパーフェザー級王座を奪取

 気鋭の和製ナックモエ(ムエタイ選手)がムエタイ最高峰の舞台へ。2月24日、梅野源治(PHOENIX)がタイの首都バンコクにあるルンピニースタジアムの定期戦に出場する。

 この興行を主催するのは、ムエタイだけではなく、タイ国内のボクシングでも最大勢力を誇るペッティンディープロモーション。プロモーターのシアナオ氏は梅野の実力を高く買っており、今後はタイでの活動を全面的にバックアップする方針を打ち出している。

 なぜ梅野が現地で高評価を得ているかといえば、昨年日本で3人の現役ランカーと闘い、いずれも鮮やかなKO勝ちを収めているからにほかならない。中でも9月にウティデートをヒジ打ちで失神させた一戦は大きな評判を呼んだ。ウティデートは'08年にムエタイ界で最優秀選手に選ばれたほどの強豪で、KO負けも少ない選手だったからだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<総力特集FCバルセロナ>バルサはなぜ、史上最強なのか。

関連記事

梅野源治

格闘技の前後の記事

ページトップ