Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<密着ドキュメント> 宮本恒靖 「グッドバイ」 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byMami Yamada

posted2012/01/18 06:00

<密着ドキュメント> 宮本恒靖 「グッドバイ」<Number Web> photograph by Mami Yamada
雑誌「Number」誌上で、2005年6月から6年半にわたって連載してきた宮本恒靖選手の密着ドキュメント「シリアス」。宮本選手の現役引退と共に、29回にわたる連載も最終回を迎えました。雑誌「Number」795号に掲載された「シリアス」完結編を特別にウェブ公開します。

 2011年12月19日、神戸のホテル――。突然、場内が暗転し、スクリーンに宮本恒靖のプレーが映し出された。ガンバ大阪、ザルツブルク、ヴィッセル神戸、日本代表と、彼の足跡をなぞるように思い出のシーンが流れていく。何かをやり遂げたような表情がクローズアップされると場内に明かりが戻り、宮本は微かな笑みを浮かべながら登壇した。

「わたくし、宮本恒靖は2011年をもって現役を引退することを決意しました」

 8台のテレビカメラが宮本に向けられ、眩いフラッシュが彼を照らした。その表情には、引退会見にありがちなウェットで感傷的なものは、まったく見られない。むしろ、けじめを付け、すでに次の展開に動き始めているのだろうか、清々としている。

 壇上の宮本は、引退の理由を淡々と話し始めた。それは、どれももっともなものだが、引退はやや唐突な感があったのも否めない。11月30日、電話で話しをした時は、現役でのプレー続行に意欲的だった。それから10日程度で気持ちが引退に一気に傾いたことになる。

 なぜ、引退だったのか。

 やり残したことはなかったのか。

 衝撃的な記者会見から4時間後、テレビ各局のインタビューを立て続けにこなした宮本は少し疲れた表情で現れ、新神戸から新幹線に乗り込んだ。隣りの席に座り、最後のインタビューを始めた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5072文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心をつかむ対話術。~最強アスリートが明かすコミュニケーションの極意~
宮本恒靖
ヴィッセル神戸

Jリーグの前後の記事

ページトップ