NumberEYESBACK NUMBER

内山高志、KO王座統一で
膨らむビッグマッチへの期待。
~粟生隆寛との日本人対決は?~ 

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2012/01/16 06:00

内山高志、KO王座統一で膨らむビッグマッチへの期待。~粟生隆寛との日本人対決は?~<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

11回開始直後、強烈な左フックでソリスを沈め、V4を果たした

 日本ボクシング史上に残る見事なKOシーンだったと言っていい。

 昨年大晦日にWBA世界スーパーフェザー級王者“ノックアウトダイナマイト”内山高志が、暫定王者のホルヘ・ソリスと激突した王座統一戦。11回に内山の左フックがソリスのこめかみにヒットした瞬間、相手は糸を切られた操り人形のように仰向けに倒れた。鮮やかにして、圧巻の幕切れ。レフェリーは一つもカウントせず、即座にTKOを告げた。

 内山はかつて、顎への右フックで挑戦者の左頬骨を骨折させ、「当たった途端、ガシャン! という音がした」と表現したことがある。今回の左フックはどうだったのだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1112文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

内山高志
粟生隆寛
ホルヘ・ソリス

ボクシングの前後の記事

ページトップ