スポーツ仕事人BACK NUMBER

山口裕朗(ボクシングカメラマン)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

photograph bySatoshi Ashibe

posted2013/09/30 06:00

山口裕朗(ボクシングカメラマン)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by Satoshi Ashibe

山口裕朗さん。

 血と汗が舞うリングに乗り出すようにカメラを構える。拳闘の現場で男はレンズの先に何を見るのか。

 一瞬を切り取る判断力。被写体の魅力を引き出す話術。写真家にはさまざまな資質が要求される。では、スポーツ写真を撮るためには? ボクシングを題材に選び、後楽園ホールに足繁く通うカメラマンの山口裕朗さんは元プロボクサーという経歴を持つ。経験者だから写せる瞬間があるのだろう。

「いや、パンチが顔面にヒットした瞬間――新聞に掲載されるようなスポーツ写真を撮るのは、じつはそんなに難しくない。連写しとけば一枚ぐらいはいい写真が撮れます」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1434文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>イチロー不滅の4000本。~最強打者と数字の美しい関係~

ボクシングの前後の記事

ページトップ