SCORE CARDBACK NUMBER

良き仲間の協力を得て、
笑顔を取り戻したレブロン。
~“悪役”D・ウェイドの言葉~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2011/12/23 08:00

良き仲間の協力を得て、笑顔を取り戻したレブロン。~“悪役”D・ウェイドの言葉~<Number Web> photograph by Getty Images

昨季はヒール役となったレブロン(左)だが、盟友のウェイドとともに今季こそ頂点を狙う

 マジック・ジョンソンかマイケル・ジョーダンかといえば、レブロン・ジェイムス(マイアミ・ヒート)は間違いなく、マジック・ジョンソン・タイプだ。ポジションやプレースタイルの話ではなく、選手としてのモチベーションの源の違いの話だ。

 ジョーダンが、相手を倒し、周囲が間違っていることを証明することをモチベーションとして頂点に昇り詰めた選手だったのに対し、レブロンやマジックは、チームメイトと共にプレーする楽しさをエネルギーとして一流になった選手だ。

「僕はバスケットボールが大好きで、楽しくプレーすることでここまでやってきたんだ」とレブロンは言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 617文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<2011年総集編> 日本の誇り。

Sports Graphic Number 794

<2011年総集編> 日本の誇り。

 

関連記事

ドウェイン・ウェイド
マイアミ・ヒート
レブロン・ジェームズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ