Number on NumberBACK NUMBER

ソフトバンクの超・完全優勝。
~前代未聞の記録の数々~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2011/11/29 06:01

ソフトバンクの超・完全優勝。~前代未聞の記録の数々~<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2003年の日本一以来(当時は福岡ダイエーホークス)、3度のパ・リーグ優勝、5度のプレーオフ進出を果たしながら涙を飲んできたホークスだったが、秋山幸二監督就任3年目にして、ついに8年ぶりの日本一に輝いた

 今年のソフトバンクは、あらゆる角度から見て、王者らしい王者だった。まず、史上初めて、リーグ戦で「完全優勝」を飾った。パ・リーグの相手5球団、および交流戦で当たったセ・リーグの6球団、すべての対戦相手に勝ち越したのである。分の悪い相手というのはいなかった。日本シリーズも4勝3敗で中日に勝利した。これだけでも大した記録だが、2011年のソフトバンクは、それだけではなかった。走攻守、どの分野においても、12球団の中で最高のチーム成績を残したのである。

 打撃に関して言えば、チーム打率はもちろんチーム出塁率とチーム長打率も1位。盗塁数も断トツ。投手力はチーム防御率が1位。そして守備面では、チーム失策が144試合でわずか51個と最少――走攻守の主要6部門全部で、12球団トップだったのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1700文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界で戦えるサムライの作り方。~日本サッカー育成最前線~
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ