SCORE CARDBACK NUMBER

2011年、本命が敗れ
伏兵が勝利した理由。
~ヤンキースに足りなかったもの~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2011/11/15 06:00

2011年、本命が敗れ伏兵が勝利した理由。~ヤンキースに足りなかったもの~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

ヤンキースのジラルディ監督は、「先発陣の再構築が来季に向けた最優先課題」と語った

 美酒に浸ったのは、ヤンキースでもフィリーズでもなかった。2011年のメジャーリーグは、伏兵カージナルスが5年ぶり11回目の世界一の座に就き、幕を閉じた。9月5日の時点で中地区首位のブルワーズに10.5ゲーム差を付けられながら、驚異的な追い込みを見せ、最終162試合目をものにしてワイルドカードでポストシーズンに進出。下馬評の低さをすべて覆し、そのまま頂点まで駆け上がった。

 開幕前、ラスベガスのスポーツオッズでは、フィリーズ、レッドソックス、ヤンキースが上位にランクされた。実際、レギュラーシーズンでフィリーズは102勝、ヤンキースも97勝と各リーグの最多勝利を収め、ポストシーズンに進出した。ところが、いずれも地区シリーズで敗退。「ベストのチームではなく、ホットなチームが勝つ」という、メジャーの常套句がまたしても現実となった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 548文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ニューヨーク・ヤンキース
セントルイス・カージナルス

MLBの前後のコラム

ページトップ