濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

引きこもりだったキックボクサー。
ファイヤー原田、37歳で涙の引退式。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2011/10/25 10:30

引きこもりだったキックボクサー。ファイヤー原田、37歳で涙の引退式。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

引退セレモニーで仲間に囲まれるファイヤー原田(写真前列中央)。2003年のプロデビューから約8年、37歳で現役生活に幕を閉じた

ファイヤーと仲間を繋いだリングとの別れ。

 そんな男の引退を、ひっそりと終わらせることはできない。

 ファイヤーは8月21日、黒田アキヒロとのJ-NETWORKライト級タイトルマッチでKO負けした直後、控室で引退を表明していたが、団体側は正式な引退セレモニーを10月16日に用意した。かつて拳を交えた黒田、川井りん太郎、梶原龍児、石川直生が花束を渡し、その光景をリング下では仲間たちが、客席ではファンが見守った。ファイヤー原田をファイヤー原田たらしめた要素が、そこにはすべて揃っていた。

「夢は叶わないこともある。でも、夢を追い続けたからこそ素晴らしい出会いがあった」

 引退セレモニーでそう語ったファイヤーの心情は、足元にも表れていた。スーツ姿で、しかし靴は脱いで最後のリングに上がったのだ。それが、自分の人生をかけた場所、出会いを与えてくれた場所への礼儀だった。

 今後は、3年前にオープンしたジム『ファイヤー高田馬場』の会長職に専念することになる。有力なプロ選手を輩出しているわけではないが、一般会員が楽しく汗を流せるジムとして知られている。そこで彼は、かつての自分のような会員たちに「頑張れ」と声をかけ続けるのだろう。

関連記事

BACK 1 2
ファイヤー原田

格闘技の前後の記事

ページトップ