SCORE CARDBACK NUMBER

石井宏樹が奪取した
ムエタイ王座の価値。
~キャリア16年目の戴冠劇~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2011/10/17 06:00

石井宏樹が奪取したムエタイ王座の価値。~キャリア16年目の戴冠劇~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

3-0の判定で勝利した石井は、武田幸三以来10年ぶり、4人目の日本人王者となった

 判定が読み上げられた瞬間、石井宏樹は泣き崩れた。10月2日、東京・後楽園ホールで行なわれたラジャダムナン・スタジアム認定のスーパーライト級王座決定戦。双子選手として有名なアピサック・KTジムを相手に、石井は4度目の挑戦で王座奪取に成功した。3Rまではローキックを当てながら様子を見て、4Rから一気にスパートするという作戦が功を奏した。

 タイの国技ムエタイでは、ラジャダムナンとルンピニーの二大スタジアムが認定する各階級の王座が最高峰といわれている。かつて外国人力士が横綱を目指すことが難しかったように、二大スタジアムで外国人選手が王者になった例は4回のみ(そのうち日本人選手が3名)。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 619文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

名将バイブル2011~グアルディオラと7人の刺客~

関連記事

石井宏樹

格闘技の前後の記事

ページトップ